スタンレーレディスゴルフ2019は台風で中止?開催可否の基準と払い戻し情報




テレビ大好きな人テレビ大好きな人

「2019年10月11日に開幕のスタンレーレディスゴルフトーナメント2019は台風の影響で試合中止?開催可否判断とチケット払い戻し情報も教えて欲しい!」

東名カントリークラブで開催される「スタンレーレディスゴルフトーナメント2019」

渋野日名子選手も出場する注目のツアー!
そんな人気のスタンレーレディスゴルフトーナメント2019に観戦予定の方が特に心配するのは「台風の影響」ではないでしょうか。

台風の影響でスタンレーレディスゴルフトーナメント2019は試合中止になってしまわないか。中止になったら観戦チケットの払い戻しはされるのか。

このブログでは、スタンレーレディスゴルフトーナメント2019に関する、

・台風影響による開催可否
・チケットの払い戻し(返金)情報
・台風の現在位置と最新進路予想

上記の情報が気になる方に向けて主に記事を書いていきます。
また、スタンレーレディスゴルフトーナメント2019の試合結果が気になる方は以下ブログ記事で結果速報していきますのでご覧ください。

satomi@ブログ管理人satomi@ブログ管理人

スタンレーレディスゴルフトーナメント2019が台風の影響で試合中止になってしまわないか不安な方は事前情報として参考にしてみてください。」



スタンレーレディスゴルフトーナメント2019 開催情報

まず初めにスタンレーレディスゴルフトーナメント2019の開催情報についてです。

大会名称 第31回 スタンレーレディスゴルフトーナメント
主催/協賛 スタンレー電気株式会社/本田技研工業株式会社
試合日程 2019年10月11日(金)~10月13日(日)
10月11日(金) 予選ラウンド第1日目 8:00スタート(予定)
10月12日(土) 予選ラウンド第2日目 8:00スタート(予定)
10月13日(日) 決勝ラウンド 7:30スタート(予定)
開催場所 東名カントリークラブ
〒410-1126 静岡県裾野市桃園300
055-992-3331
(6,572 Yards/Par 72)
会場アクセス 【電車、バスの場合】
「三島駅北口」から無料ギャラリーバス運行
※会場まで約25分
※運行時間 7:00より10?20分間隔で随時運行予定(日曜は 6:30より運行)

「裾野駅西口」から無料ギャラリーバス運行
※会場まで約15分
※運行時間7:00より10~20分間隔で随時運行予定(日曜は6:30より運行)

【車の場合】
ギャラリー駐車場の収容台数には限りがあり、当日混雑が予想されます。
満車になれば停められず、かつ駐車場から会場までバス移動となり時間がかかります。

大会の取り組み ・世界の子供たちの学びを応援
・ジュニアゴルフファーを応援
・森林保全活動に寄付
・開催地への貢献
テレビ放送・ネット配信スケジュール 【テレビ東京系列/全国6局ネット】
10月13日(日) 16:00~17:15(予定)

【BSテレ東】
10月13日(日) 16:00~17:15(予定)

最終日のみの放送となりそうです。



スタンレーレディスゴルフトーナメント2019 台風の影響による開催可否

早速スタンレーレディスゴルフトーナメント2019の台風の影響による開催可否について調べて行きます。

現在、大型で強い台風19号が日本列島に進路を向けて進行中。
10月3連休は関東地方をはじめ広い範囲で台風の影響を受けることが気象庁からも発表されています。

そんな中で渋野日名子選手も出場するスタンレーレディスゴルフトーナメント2019の開催可否はどうなってしまうのか?
大会公式ホームページや公式Twitterから台風の影響による開催可否の情報を調べてみると

「【競技情報】台風19号の接近に伴い、10月12日(土)の競技を中止することを決定いたしました。」

周辺道路の混雑や駐車場情報など交通手段の注意事項は見受けられますが、肝心の台風情報はなし。
10月12日(土)の競技は試合中止を発表しています。
そして、開催場所周辺の天気予報も調べてみると

テレビ大好きな人テレビ大好きな人

「第1ラウンド初日が降水確率100%の大雨・・・」

会場の東名カントリークラブの天気予報を調べても開催初日の11日は大雨。
そして、翌日12日も雷を伴う大雨になる予報となっています。いずれも台風の影響によるものです。

テレビ大好きな人テレビ大好きな人

「こんなに天候が悪かったらやっぱり中止になるのかな・・・」

台風でも試合は続行されるのか、観戦予定の方は気になる情報です。
そこで、今回のスタンレーレディスゴルフトーナメントも統括する「日本女子プロゴルフ協会」から開催可否や中止判断の基準を調べてみたいと思います。



過去台風の影響で開催が中止

今回のスタンレーレディスゴルフトーナメント2019に限らず、開催日に台風が接近、大きく影響を受けてツアーが中止になった試合が多くあります。

例えば、2018年LPGAステップ・アップ・ツアー第19戦『かねひで美やらびオープン』

大会1日目が台風25号の接近で競技中止を決定。
この時取られた対応は、36ホールストロークプレーに競技短縮するというもの。

開催が中止になった理由や基準は、
・選手やギャラリーなどの安全を考慮
・プレー続行が難しいと判断

また、他の台風影響による開催の中止には、合計4ラウンド中最終ラウンドが台風で中止になった場合は、プレーした3ラウンドで勝敗を決めるというやり方もあるようです。

観戦チケットの払い戻し(返金)情報

台風の影響による中止判断が分かりました。
ただ、万が一中止になった場合、もう一つ気になるのが観戦チケットの払い戻し(返金)

テレビ大好きな人テレビ大好きな人

「スタンレーレディスゴルフトーナメント2019の観戦チケットは払い戻しされるのでしょうか?」

払い戻し、返金情報についても同大会公式ホームページにて調べると以下「チケットについての注意事項」が掲載されています。

【チケットについての注意事項】
1)1枚につき1日1名様有効。日にち指定はありません。
2)ご入場の際は、ギャラリー受付にご提示ください。
3)切り取り無効となりますので、あらかじめご了承ください。
4)半券は競技終了までお持ちください。
5)転売は禁止しております。

【払戻しについて】
競技不成立の場合を除き、払戻しはいたしません。
※競技不成立とは、全選手が27ホール(同一ホール)消化できない場合のみを指します。

競技不成立の場合は払い戻しの対象になるようです。

【2019年10月14日 午前9時最新情報】

スタンレーレディスゴルフトーナメント2019の観戦チケット払い戻し情報が公式Twitterで公表されています。

前売券チケットの払戻しについて、10/17(木)〜10/30(水)までの期間に各プレイガイドにてお手続きをお願いします。(CNプレイガイド、ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス)
東名カントリークラブでご購入の前売券は東名カントリークラブまでお問い合わせください。



台風19号2019 現在位置と情報

次に台風19号の現在位置と情報についてまとめていきます。
2019年10月12日10時40分現在の位置は「八丈島の西南西約230km」。詳細情報は以下の通りとなっています。

台風19号 大型で非常に強い台風。名称は「ハギビス」
現在位置 八丈島の西南西約230km
進行方向
速さ 25km/h(13kt)
中心気圧 945hPa
最大風速 45m/s(85kt)
最大瞬間風速 60m/s(120kt)

※10月12日10時40分 気象庁発表

すでに日本の近海にまで上陸する台風19号。
最大瞬間風速は60m/s、時速に換算すると200km/h以上!一般車両よりもはるかに早い速度で進行する猛烈な台風です。

台風19号の今後の進路をどのように辿る予定なのか。進路予想が気になります。
次から米軍の合同台風警報センターとヨーロッパ中期予報センターに公表される台風進路予想情報を元に調べていきたいと思います!



台風19号2019 今後の進路予想

台風19号の現在位置が分かったところで、次に台風19号の今後の進路予想について調べていきます。

台風の進路予想情報が掲載される以下サイト、

台風の進路予想情報サイト

・気象庁
・米軍合同台風警報センター(JTWC)
・ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)
・Windy

上記4つの情報から台風の進路予想を調べていきたいと思います。

進路予想を調べる理由はスタンレーレディスゴルフトーナメント2019への影響の確認。
台風の影響を大きく受ければ試合は中止になることが公表されています。

台風19号の進路予想を確認した上で参加会場の影響範囲を確認してみてください。

気象庁の進路予想

日本の気象庁の進路予想についてです。

気象庁では台風発生後、5日間の進路予想図が発表されます。
台風19号の5日間の進路予想は以下図の通りです。

10月12日午前9時には関西、四国地方に急接近。
翌日13日までの間に東海、関東地方にも上陸し東北地方へと縦断する進路予想となっています。

つまり、スタンレーレディスゴルフトーナメント2019の2ラウンド目が最も台風の影響か直撃を受けることが予想されます。

1ラウンド目から台風の暴風警戒域に入り、大雨などの間接的な影響も避けられない状況かと思います。
スタンレーレディスゴルフトーナメント2019の中止か開催かの開催可否だけでなく台風への万全な対策は急務です。

米軍合同台風警報センター(JTWC)の進路予想

まず米軍合同台風警報センターの進路予想についてです。

米軍合同台風警報センターとは「Joint Typhoon Warning Center(JTWC)」と呼ばれ、台風、熱帯低気圧について監視、警報を発するアメリカ合衆国 ハワイ州に本部を置く機関になります。

このJTWCによれば、台風19号の進路予想は以下図のようになります。

日本の気象庁発表の進路予想と同じルートを辿ることが公表されています。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想

次にヨーロッパ中期予報センターの進路予想についてです。

ヨーロッパ中期予報センターとは「ECMWF」とも呼ばれ、台風や気象データを集めて予報の向上させるなど目的に設立された国際組織になります。

このECMWFによれば、台風19号の進路予想が以下図になります。

【10月11日(金)】

【10月12日(土)】

【10月13日(日)】

スタンレーレディスゴルフトーナメント2019の初日から3日間の最も台風の影響を受ける進路予想図になります。

11日にはすでに四国、九州、関西地方に急接近か上陸の恐れが出ています。
そして、非常にゆっくりと進行し12日に東海、関東地方に上陸し北東の方角へと進行していきます。

Windyの進路予想

Windyの進路予想についてです。

まとめ

スタンレーレディスゴルフトーナメント2019の台風影響による開催可否に関する情報をまとめてきました。

現時点(10/9)では大会公式ホームページに台風に関する情報は掲載されていません。

過去のツアー開催中での台風の影響を調べてみると
途中に事務局判断で中止、選手やギャラリーなどの安全を考慮し中止となる試合もあります。

今回のスタンレーレディスゴルフトーナメント2019でも中止は十分に考えられます。
それは、気象庁などどの進路予想情報サイトを確認しても本州へ上陸、直撃する予想が出ているためです。

そして、注意すべきは台風19号の勢力。
大型で猛烈な台風19号は前回の千葉大規模停電をもたらした台風15号に匹敵、あるいはそれ以上の強さを持っています。

スタンレーレディスゴルフトーナメント2019に観戦予定の方は台風情報にはご注意ください。

引き続き、当ブログでも天気予報情報は更新しつつ
開催可否に関する中止か開催かの発表がありましたら速やかに配信していきます。

スタンレーレディスゴルフトーナメント2019の開催が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。